「Rポイントカード」楽天スーパーポイントがリアル店舗でも貯めたり使ったりできるように。提携クレジットカードも登場する予定

楽天市場などの楽天関連サービスの利用でポイントが溜まったり使ったりできる「楽天スーパーポイント」。
これまではANAマイレージとの相互交換でしか、楽天以外のサービスに使う方法はありませんでしたが、楽天スーパーポイントをそのままに、新たに街ナカのお店などでの支払いにも使えるようになります。

楽天が新たに「Rポイントカード」という共通ポイントカードを発行し、このカードをお店のレジなどで提示することで、楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりできるようになります。
Tポイントカードや、Pontaカードと同じように、Rポイントカードの加盟店であればどこのお店でも1ポイント=1円で使ったり、100円当たり1ポイントを貯めたりできるようになるとのことです。

この「Rポイントカード」は、2013年4月ごろに発行が開始される予定です。
どのようなお店が加盟店になるかはまだ発表されていませんが、楽天スーパーポイントの使い道が大きく広がることは間違いなさそうです。

また、Rポイントカードは2種類用意され、Rポイントカード専用のカードと、ほかのポイントやクレジットカードなどとの提携カードが登場する予定です。
提携クレジットカードで支払うと、自動的に楽天スーパーポイントが貯まるようなクレジットカードも登場するかもしれません。

カテゴリー: クレジットカードコラム タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。